彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも

「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」(The Bride Stripped Bare by Her Bachelors, Even 通称:大ガラス(The Large Glass))は、マルセル・デュシャンが 年 年にかけて制作した 。 8年間の歳月がかけられて作成されたが未完成のまま放棄された。 《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》はこのころの作られた作品です。 解説には「~機械と昆虫の混成物である花嫁が、衣類を脱いでエロティックな香りを漂わせる。 マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp - 年)フランス・ノルマンディ地方出身の美術家。20世紀美術に最も影響を与えた人物の一人です。兄の影響から、絵画を学び画家としてスタートしますが、1912年で絵画を放棄。その後未完の大作「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」大 ... 今回再現上演されたマルセル・デュシャン( ― )の音楽作品《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも:音楽的誤植》(1913年)は、マルセル・デュシャンが遺した二つの実験的な音楽作品のひとつで、デュシャンの代表作《大ガラス》の制作上のメモ、スケッチ等、93片が ... マルセル・デュシャン : 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁, さえも J.ゴールディング [著] ; 東野芳明訳 (アート・イン・コンテクスト, 8) みすず書房, Duchamp The Bride Stripped Bare by Her Bachelors ,Even (彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも) / John Golding Book Information × ×1.5cm ,Hardcover Publisher: Art in Context Published year : 1973年 Condition:ジャケットにヤケ・汚れ・欠け。ページに経年のヤケ・シミ。 (平凡社・ 円) 「頭脳的」な造形性の軌跡 モダン・アートに多大な影響を与えたフランスの芸術家マルセル・デュシャンの作品群は、今なお 『デュシャン/大ガラス』の書誌情報:フィラデルフィア美術館所蔵のマルセル・デュシャンの大ガラス作品「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」を特別許可のもとに撮影した奈良原一高のカラー写真55点を初めて発表するオリジナル作品集。 デュシャン : 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁, さえも: Subject: Duchamp, Marcel( ) Notes: 年表: p[8] 参考文献: p[109]-110 英語タイトルは標題裏による 仏語原題: La Mariée mise à nu par ses Célibataires, même: Reading of Title: ジョン・ゴールディングデュシャン 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁,さえも 8巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することも

彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえもとは - コトバ …

「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」(The Bride Stripped Bare by Her Bachelors, Even 通称:大ガラス(The Large Glass))は、マルセル・デュシャンが 年 年にかけて制作した 。 8年間の歳月がかけられて作成されたが未完成のまま放棄された。 『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』 これは、ピカソ以上に20世紀美術に決定的な影響を与えたとされるマルセル・デュシャンの、これまた20世紀最大の問題作品です。 邦題は「ベールを脱いだ花嫁」と妙に意味深なものになっていますが、原題はマルセル・デュシャンの代表作「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」からとら… 他にも会場では、巨大なガラス板に花嫁や独身者機械を表すメカニカルな図像が刻まれた《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》(通称《大ガラス》)など、摩訶不思議な作品がたくさん観 … マルセル・デュシャン「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」 Marcel Duchamp シュルレアリスム · 《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》という長くややこしいタイトルがつけられた作品で、通称《大ガラス》とも呼ばれている巨大なガラス製の立体です。 《彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも(通称:大ガラス)》は、 年から 年の8年の制作期間にわたって制作されたマルセル・デュシャンのオブジェ作品である。 この作品は、鉛の箔、ヒューズ線、埃などの素材と2つのガラスパネルを使って制作されたものであり、偶然の要素 ... - 《彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも(通称:大ガラス)》は、 年から1923年の8年の制作期間にわたって制作されたマルセル・デュシャンのオブジェ作品である。 この作品は、鉛の箔、ヒューズ線、埃などの素材と2つのガラスパネルを使って制作されたものであり、偶然 ... 年創業で全国主要都市や海外に店舗を展開する紀伊國屋書店のサイト。ウェブストアでは本や雑誌や電子書籍を1, 万件以上の商品データベースから探して購入でき、2,500円以上のお買い上げで送料無料となります。店舗受取サービスも利用できます。 マルセル・デュシャン、『花嫁は彼女の独身者たちによって裸にされて、さえも』(通称『大ガラス』東京ヴァージョン) ミクスト・メディア、縦 、横175.0、1980年、東京大学教養学部美術博物 …

デュシャン/大ガラス:みすず書房

2. ゴールディング東野芳明訳):「デュシャン 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁,さえも」,(みすず書房, ) 3. ユリイカ 詩と批評 (Vol , No.10) 特集マルセル・デュシャン、(青土社, … - このピンは、kliocity00さんが見つけました。あなたも Pinterest で自分だけのピンを見つけて保存しましょう! 『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁さえも、(大ガラス)』 油彩、ワニス、鉛箔、鉛線、埃、アルミと木と鉄の枠で固定された二枚のガラス、 × ㎝ デュシャンの『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』(通称『大ガラス』)( ~23)に積もった埃をマン・レイが撮影して『埃の培養』( )という作品を制作したり、『ローズ・セラビ』としての女装を撮影した作品も含めて、デュシャンマン・レイの共同作業は持続 … マルセル・デュシャンによる絵画作品《彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも(大ガラス)》の解説。本作品は 年から 年に制作され、フィラデルフィア美術館に所蔵されている。 『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』おかしいでしょう、この題名。言語というのは相手に通じることを前提に形作られている。言葉は時代を経た不壊の完成品でもあるが、それを否定する言語を熟考した結果の題名ではないかと察する。 デュシャン彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも <アート・イン・コンテクスト 8> <アート・イン・コンテクスト 8> Duchamp:The bride stripped bare by her bachelors,even. 佐藤書房 序―独身者の自画像 一九四三年、マルセル・デュシャンが《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえもLa mariée mise à nu par ses célibataires, même》【図1】に最後の手を加えてから二〇年が経つ … なかでも生涯の大作とよばれているのが、《彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも》、通称《大ガラス》と呼ばれている作品だ。 年 年の間に制作され、途中でガラスにひびが入って制作が放棄された作品だ。 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえもの概要 Jump to navigationJump to search『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』English: The Bride Stripped Bare by Her Bac

彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも - 彼女の独身 …

マルセル・デュシャン 『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』 東京大学といえば、本郷にある赤門と安田講堂、そして、中世の修道院を思わせるストイックな威厳を湛えた内田ゴシックの建造物群を人は思い浮かべるであろう。 東京は秋も深まり朝晩は結構冷えます。トーハクでは、本館北側の庭園を開放、紅葉には早いですが日本の秋の風景をご堪能いただけます。 秋、といえば、芸術の秋。トーハクでは12月 デジタル大辞泉プラス - 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえもの用語解説 - フランスの美術家マルセル・デュシャンの作品( )。原題《La mariée mise à nu par ses célibataires, même》。通称『大ガラス』(Le grand verre)。ニューヨーク・ダダの中心人物デュシャンによる代表作の一つ。 3「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも(図3)」、通称、「大ガラス 」 年-23年; 4「1. 水の落下 2. 照明用ガス が与えられたとせよ(図4,5)」、通称、「遺作」 年-66年; それぞれは全く似ていない。 花嫁は彼女の独身者たちによって裸にされて、さえも(大ガラス) フィラデルフィア美術館に収蔵されている作品です。 どうしてわかるかというと、写真に写り込んでいる分度器のようなものはフィラデルフィア美術館の壁の一部だからです。 「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」 彼のこうした姿勢の根底には、芸術そのものへの懐疑があり、晩年の 、ピエール・カバンヌによるインタビューの中でデュシャンは、クールベ以降絵画は「網膜的になった」と批判しており、「観念としての芸術」という考えを述べて また本作は《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも(別名:大ガラス)》の下半分の独裁者世界を象る主要素となり、中央に描かれたチョコレート磨砕器の習作となった作品でもある。 デュシャンの「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」は、実は世界に4つあります。 そしてその4つの作品のうちひとつ「東京バージョン」は、実は意外な場所にあるのです。東京大学駒場キャンパスの一画に建つ古い建物、駒場博物館。 その収蔵第一作目が『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』、通称『大ガラス』です。8年もの歳月を費やしたものの製作を途中で放棄した未完の作品で、ガラスの上部は「花嫁」、下部が「独身者」を意味します。 ※常設展示中。 Amazonでジョン・ゴールディング, 芳明, 東野のデュシャン 彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁, さえも (アート・イン・コンテクスト (8))。アマゾンならポイント還元本が多数。ジョン・ゴールディング, 芳明, 東野作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。